『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『死を望むな。望まなくてもどちらにせよ死ぬ。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

私は、とある類稀な場所で生活をしていたことがある。かつてキリスト教や仏教が生まれた2500年も前の時代も、身分差別や奴隷制度が当たり前の様にあった。そういうことを経験している人間ならわかるが、そういうことをどう処理していくかは、人間にとって極めて重要な試練だ。

 

目の前に地獄のような光景が広がっている。その中で、人生を生きていく価値を見出さなければならない。それは至極困難の様に思える。しかし、こうは考えられないだろうか。

 

(どうせ死ぬ。何をやっても、やらなくても。だとしたら、何か他にやり残したことはないだろうか。せめてそれをやってから死のう。)

 

もしかしたらそれをやれば、あるいは新たな道が切り開かれるかもしれない。どうせ死を覚悟したのなら、最後にそれをやってみてもいいだろう。やらずに死ぬよりは、ずっといい。むしろ、なぜ『幸せに生きていける』と思い込んでいたのか。その思い込みがあったから、その状況に憂いているのではないのか。

 

ナポレオンは言う。

 

自分の人生が、待っていれば幸せになると思っているなら間違いだ。自分の人生は、自分で切り開くものなのだ。たった一度の自分の人生で、自分にしか生きられない道を歩き、自分にしか出せない答えを探す。それが、この人生である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
マテオによる福音書 第5章。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧