『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『驕りを捨てれば、仕事と事業に成功する。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

人の能力には限界があり、人の体力にも限界がある。人の寿命にも限界があり、人の運にも限界がある。限界が有る。つまり、 有限だということ。 無限ではないのだ。とかく、私のように、ヒトもカネもコネもモノも無い中、頼れる人生の先輩もおらず、依存したい実の父親も早くに亡くし、慣れ合う友人はおろか、切磋琢磨できる真友や、慰め合う恋人もいないという条件で、事業を成功させたら、こう思ってしまうだろう。

 

(これは全て、自分の実力だ)

 

確かに、自己効力感という言葉がある。いわゆる、自己暗示にも似た、セルフマネジメントだ。(自分は出来る。自分なら出来る。)と、自分を奮起させる管理能力。実際、そういう気構えが成功に大きく貢献することは事実だ。

 

だが、思い上がってはならない。自分の無知、無力を、思い知らなければならない。そういう事実を受け入れる器こそ、一流の人間が手に入れるべく、矜持である。驕りに支配された途端、腐敗は始まっていると思うべきである。『人間の身の丈』を知り、その中で、悔いのないように、生き貫くべし。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
格言の書 第16章。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧