『ヒト』を最適化しよう。

キリスト『水ばかりの人生も味気ないだろう。たまには酒も飲むのがいい』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

聖書では常に『葡萄酒』が酒の代名詞として出てくるが、別にここは酒でいい。当時、白ワインしか酒がないのであれば、聖書には『白ワイン』と書いてあっただけの話だ。要は『アルコール成分』の話をしているのである。つまり、『快楽』。『苦からの解放』。そして『水』とは、『節制』である。

 

だが、ここで決して間違えてはならないのは、『水(節制、堅実な人生)』の重要さだ。毎日『酒』ばかり飲んでいる人間は、逆に『水』を強いられる人生になるが、毎日『水』を健康のために飲んでいる人間は、たまに『酒』をたしなんだところで健康に全く被害はない。

 

『酒』とは、まるで『麻酔薬』。人生を『水』だけで生きていると、たまに行き詰って、痛み、悲しみ、苦しくなるときがあるだろう。そういうときは『麻酔』を打っていいのだ。それは『麻薬をやっていい』ということではなく、『手術のときに麻酔を打ってもいい』という解釈だ。無理して病んでしまうよりは、たまには『葡萄酒』を、飲むといい。『生きること』を優先していいのだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
ティモテオヘの第一の手紙 第5章。

関連する黄金律

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧