『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『結局、つとめ励む者こそ人を支配するようになる。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

勤勉に自分の畑を耕す人、自分の仕事にまじめに励む人はいつも豊かで、あり余るパンを持っている。しかし、愚かな怠け者はただ妄想を追っているばかりだ。

 

現代でこの真理と同じことを言い当てているものがある。『ビジョナリーカンパニー② 飛躍の法則』にある、『弾み車効果と悪循環』である。『弾み車』というものは、押して回す、水車や風車のようなイメージである。動力を伝える回転軸に取り付ける重い車。その慣性を利用して回転速度を平均化し、また回転エネルギーを保有するのが特徴だ。

 

最初は、その弾み車を回すのにとても苦労する。もちろん手動だ。何度も何度も繰り返し、押し続けなければ、弾み車は回らない。回らなければ、エネルギーが溜まらない。溜まらなければ、大きな力を持ってして、弾み車が動くことが出来ない。だが、一度軌道に乗れば、もう手動で回す必要がなくなってくる。最初に苦労して溜めたエネルギーで、次のエネルギーを呼び起こし、また次のエネルギーを呼び起こし、大きな力を生む。

 

一方、『悪循環』とはなにかというと、弾み車を苦労して押す覚悟を持つ前者とは違い、『さっさとエネルギーを生み出したい』と考えている人間の行動パターンである。こういう人間は、やれ、

 

あの仕事が儲かるらしい。
このビジネスが最先端だ。

楽して儲かる株の話はないか。

 

と考える。もちろん、そんなうまい話があるわけがない。だが、あると信じて、一つのビジネスが軌道に乗る前に、

 

この仕事はダメだ。

 

と言い捨て、違うビジネスに乗り換える。つまり、『自動で回る弾み車』を努力もしないでいきなり欲するため、永遠にその空想の弾み車を探し求め、仕事がうまくいかなければ『これは違う』とビジネスのせいにし、『弾み車が回る前に押すのを止めてしまう』のだ。これが『悪循環』だ。結局、つとめ励む者こそ人を支配するようになる。怠け者は人に仕えるしかない。

 

金儲け、成功、モテたい。こういう表層的な『ソフト』の話ばかりしている人間は、本当に重要な『ハード』の重要性に気づけない。プレイステーション4のソフトを、ファミコンのハードでやろうとしたらどうなるだろうか。大きなソフトを乗りこなそうと思ったら、まずはハードに目を向けるべし。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
格言の書 第12章。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧