『ヒト』を最適化しよう。

キリスト『大人と子供。小人と成人の違いを知れ。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

心が子供で、『大人』と言えるだろうか。ここでいう『子供』を、大人の対義語である『小人』としたなら、小人とは、”身体や立場だけ年相応”で、”精神や地位が不相応”だという人間である。

 

『大人になる』とは、『大人に”成る”』という意味だ。『成人』とは、大人に”成った”人のことだ。将棋の世界で、駒を相手の陣地に進めると、『歩』が、『金』に”成る”だろう。”成る”とは、『昇華する』という意味。つまり、『次の位に上がる』、『栄転する』、『格上になる』ということ。『成人』とは、法的に大人として扱われるというだけの意味ではない。

 

私は大人に成った。

 

そう言い切れる人は、どれぐらいいるだろうか。

 

嘘、偽り、虚偽、捏造、隠蔽、不正、裏切り、嫉妬、これらの悪しき心に支配されることはないだろうか。大人とは当然、それらの心を支配することのできる人間を指す。一度きりの人生。『大人』を目指そう。それが一番難しい生き方だ。それを選ぶのが、人間のプライドだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
コリント人への第一の手紙 第14章。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧