『ヒト』を最適化しよう。

ブッダ『たった一度のこの人生。あなたが選んだ道は、その歩きがいのある道か。誇りを持て。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

自分の『我』を支配しようとする人間は、まさに『マスター(支配人)』と呼ぶにふさわしい。自分を支配できる人間なら、当然『衝動』も『暴走』も『抑うつ』も、『健康』も『お金』も『不動産』も支配(管理)出来るだろう。

 

しかしその道は険しい。平たんな道ではない。何しろ、どんな荒れはてた茨の道を歩くことになっても、平常心を失うことなく堂々と歩かなければならない。その為に、足を何度も何度もズタズタにしては再生させ、を繰り返し、強固な足裏を手に入れる必要がある。

 

だが、向上心ある人なら、(なんだ、その程度の事、最初から織り込み済みだよ)とあっけらかんと言うだろう。自分のレベルを上げる為には、今の自分が『大変だ』と思う道を歩き、あるいは敵と戦わなければならない。その戦いは、激しいものになるだろう。しかし、だからこそ人生に悔いが残らないのだ。

 

人生の黄昏時を迎えた時、振り返って後悔するのは、『負ってきたリスク』ではない。『避けてきたリスク、掴まなかったチャンス、立ち向かわなかった恐怖』なのである。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経245。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧