『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『自分の内面を見つめようとしない人とは、付き合うべきではない。彼らはまるで、虚ろだ。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

内面を見つめる努力をする人には、断固とした揺るぎなさがある。一方その逆で、自分の外面だけを良くしようとしたり、それに振り回されたりしている人は、虚ろである。『虚ろ』とは『虚しい』とも書く。1年後には違う立居振舞をしていて、違う思想について話している。

 

彼、彼女に照準を合わせようとしても無駄だ。今日悩んだことを、明日、もう忘れている。昨日好きだった人を、今日、嫌いになっている。彼らが平気で嘘をつくのは、別に根っからの詐欺師だからということではない。嘘をついている自覚が無いのだ。昨日と今日の自分の気持ちが違う。それに正直になっているだけなのだ。

 

ゆらゆらと気持ちが揺れ動く。女子中学生までだ。それが許されるのは。それを卒業したら、自分が本当に見るべき場所を見誤らないようにすることだ。私の様に、父を亡くしてから、自由を拘束されてから、初めて『内省』を始める、ということが無いように、助言をさせて頂く。もっとも、私はそれぐらいの環境が整わなければ、内省など一生する機会が無かったことも、事実なのだが。

 

そんな私の言う意見には説得力があるはずだ。内省は、それを知らない人が揶揄して見下すような、なまっちょろい効果を発揮しない。まるで、よく聞く『眠っている潜在能力』を引き出すような、そういう力強いエネルギーを、『内』からみなぎらせることが出来るのだ。

 

後はもうやってみるしかない。それ以外には何を言っても無駄だ。やればわかる。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経207。

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧