『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『分け隔てない人間関係を築けているか。いないなら、それは人間の姿ではない。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

人間が在るべき姿が、『人との間に分け隔てがある』わけがないだろう。『人との間に分け隔てが無い』のが在るべき姿だ。つまり、不和、軋轢、因縁、確執、戦争、これらの結果は、あってはならない人間の姿である。

 

しかし、大の大人がそれをやる始末。だとしたら彼らは『大人』を語る資格はない。 大人の対義語は、『小人』だ。もはや、物事の分別がつかない規範意識の低い人間は『小人』だ。決して大人と呼ぶに値しないのである。そのことについて、一度ふんどしを締め直すべし。もちろん、ブッダが言うのは『人間同士だけ』ではない。すべての生きとし生けるものが、その対象である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
経集150。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧