『ヒト』を最適化しよう。

ブッダ『人を騙さない人は大勢いても、軽んじない人は意外に少ない。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

『人を騙す』という行為は、往々にして故意に行われる。だから、(騙していない)という意識が植えつきやすいが、『軽んじる』ということは、往々にして無意識に行われる行為である。(軽んじていない)つもりでも、実際には軽んじていることが多い。例えば、風邪を引いている人がいる。間違いなく彼・彼女を重んじることは、看病をしたり気に掛けることである。しかし、軽んじる人は、

 

あっそう、風邪ひいてるんだ。だるいよね。

 

などと言うには言うが、それ以降は特に触れない。それよりも自分が楽しみにしている都合があるからだ。風邪を引いている人の為に、その都合がないがしろにされることは許さない。彼は確かに『騙した』わけではない。しかし、『軽んじた』のである。そう考えると、確かに『騙す』ことはしなくても、『軽んじる』ことは常々行われていることである。

 

だとしたら人としてまだまだ未熟だ。伸びしろがある。あらゆる生き物に対して慈悲の心を育てられるよう、日々鍛錬する必要がある。 それが地球のリーダーを名乗る者の務めだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
経集148,149。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧