『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『そもそも、人と競うな』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

競わなければ優劣などつかない。勝ちも、引き分けも、負けもない。人を負かそうと思い上がることもないし、人に勝ったと思い上がることもない。ましてや、人と引き分けなどという錯覚に陥ることもない。

 

全ての人に環境の差異があり、人種、体格、言語、能力、家族、親族、隣人、友人、性別、立場、経験、責任、これらに違いがあるというのに、人として、人と競うこと自体が公正ではない。ボクシングでは、体重が1kg違うだけでも『公正な試合ではない』とするだろう。なぜ人と競うときはそれをしないのだ。

 

もっとも、人と競うべく場面は少なからずあるだろう。だが、そういうときは、そういうことを、考えてみるのがいい。そうすれば頑なに、頑迷に囚われたある種の呪縛から、解き放たれるだろう。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
経集830。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧