名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『勉学は光であり、無学は闇である。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

例えば、視界が真っ暗の長い長い道の上を歩くとき、両端が断崖絶壁かもしれない。曲がりくねって入り組んだ道で、一つ道を間違えたら取り返しのつかない場所へ行ってしまうかもしれない。その道が、そういう道だという可能性を否定することなどできない。人生とは、そういう『道のり』である。

 

『知』を疎かにする者は、場当たり的に道を歩くだろう。

 

『知』を学ぶ者は、一歩一歩確かな道を歩くだろう。

 

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言った。

『人生は一冊の書物によく似ている。 愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、 賢い者はそれを念入りに読む。 なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

 

記者『イチロー選手はなぜ”同じ毎日の繰り返し”で、未来を切り開けたんですか?』

 

イチロー『確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない。』

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ソクラテス『勉学は光であり、無学は闇である。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『満足は、自然の与える富である。贅沢は、人間の与える貧困である。 』

 

『結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。 』

 

『よく本を読んで、良き魂を育てよ。苦労して、著者が身に付けたことを、苦労せずに、読者は身に付けられよう。』

 

『友と敵、両方がいなければならない。友は忠告を与えて、敵は警告を与える。』

 

『少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。』

 

『わたしは、誰の師にも、成ったことはなかったが、一方で、誰の問にも、答えなかったことはなかった。 』

 

『いかに多くの富を有するか、自慢する者が居ても、いかに使うが分かるまで、彼を、誉めてはならない。』

 

『息が止まらない限り、私は知を愛し続ける。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP