名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『有罪として私を殺そうが、あるいは無罪にしようが、わたしの生き方は変わらない。たとえ何度殺されても。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

『真理』と『流行』は、どちらが正しいだろうか。多くの人は『流行』に傾いている。『偉人』と『凡人』はどちらが正しいだろうか。『凡人』の数の方が圧倒的に多い。なぜ『孫悟空』はぞんざいに扱われ、『ミスター・サタン』が好評価を得ていたのか。

 

孫悟空のやってることの方が桁違いにすごい。 だが、『大勢』の支持を得ていたのは、ミスター・サタンだ。

 

『ブラック・ジャック』と『ドクター・キリコ』の違いは?

 


http://www.geocities.jp/songenky/anjack.html[qoute]

 

ぼったくり?尊厳死?どちらも『詭弁』か。あるいはどちらも『天才』か。

 

答えはあるのか。それとも常に、変化するのか。大多数を占めている意見は、普通なら『正解』だ。視聴率も、高ければ『成功』。商品も、ヒットすれば『成功』。

 

それなら、キリストとソクラテスも、殺されて『正解』だったことになる。

 

重要なのは、このことについてよく考えることだ。目を逸らさないことだ。それだけで十分人として知的だと私は判断している。

 

『仇討ち』はダメだ。『法律』としても『真理』の道としても、外れた行為である。 だが、目の前で自分の最愛の妻と子供が凌辱され、殺害されようとしているまさにその時、私は、『知的』な態度を取っていたら、『人間ではなくなる』気がする。

 

そこに答えはあるのだろうか。『人間らしく』、『自分らしく』生きていく矜持を持つことが、 人間に出来る最善の生き方なのではないだろうか。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ソクラテス『有罪として私を殺そうが、あるいは無罪にしようが、わたしの生き方は変わらない。たとえ何度殺されても。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『食塩の善さは『からい』ことにあり、砂糖の善さは『甘い』ことにあるように、裁判員の善さは『正しく裁く』ことに、また弁論する者の善さは『真実を語ること』にある。』

 

『大きな湖も少しずれた高い丘から見ると、その形がわかるように、この裁判も少しずれたところから眺めると、真実が見える。』

 

『今日の法廷には、このボロボロの普段着一枚で行くよ。立派な衣装で弁明すれば、真実が話せるとは限らない。』

 

『数学の正しい答えを多数決で決めることがあるか?善悪の判断も同じことである。』

 

『不正をしている仲間に入るより、「どんな危険があろうが、国と正義のために戦おう」と心に誓ったのだ。』

 

『私はこの裁定に従い世を去るが、私を有罪とした皆さんは、これから世の人からも、真理からも、邪悪者の烙印が押される。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP