名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『人間は、一つのことを、何度も聞かされ、言わされ続けると、単なる『噂』でもいつの間にか頭の中では真実に思えてくる。そんなものなのだ。そして、世間ではこんな『噂』を『常識』と呼ぶのかもしれない。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

世の中の8割のお金を、2割の富裕層が所有して、残りの2割のお金を、8割のその他の人たちで分けている。

 

ここで問題だ。

 

では、 8割の人間は、『何かを勘違いしている』のだろうか。それとも、 『8割もいるからそっちの方が正しい』のだろうか。人間として、在るべき姿はどちらなのだろうか。それとも、 どちらも正しいのだろうか。

 

私がこの短い半生で突き止めたことは少ないが、 そんな私にもこれについて、言えることはある。

 

環境や能力には差異がある。だから、どちらが正しいということではなく、どちらも『同じ人間』だということだ。だが、『機会は平等に、処遇は公正に』 考えなければならない。そうすると、8割の無難な選択肢を取る人たちは往々にして、『非常識な常識』を盲信していると言っていいだろう。

 

どちらも同じ人間だから、平等に扱わなければならない。だが、『非常識な常識』を改革した人間とそうでない人間とでは、 処遇を公正に扱わなければならないのだ。

 

キリストとソクラテスが大衆に殺されたように、 意見の数が多いからといって、それが真実とは限らない。むしろ、どちらかといえば真実を把握している人間は、 パレートで言えば2割ほどしかいないだろう。

 

たった一度のこの人生。どう生きて、どう死ぬか。私は父親を早くに亡くしてよかった。 早い段階でこれらのテーマについての思慮を持てるようになったからである。 生きている限り、この旅は続くのである。

 

『ほがらかに死んでいくために、私は生きようと思う。』byゲレルト

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ソクラテス『人間は、一つのことを、何度も聞かされ、言わされ続けると、単なる『噂』でもいつの間にか頭の中では真実に思えてくる。そんなものなのだ。そして、世間ではこんな『噂』を『常識』と呼ぶのかもしれない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『私に分かっていることは、私が知らないということだ。』

 

『”死”は”終わり”ではない。”解放”である。』

 

『自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。』

 

『我々が皆自分の不幸を持ち寄って並べ、それを平等に分けようとしたら、ほとんどの人が今自分が受けている不幸の方がいいと言って立ち去るであろう。』

 

『ねたみは魂の腐敗である』

 

『人間だれもが、肉体という独房に繋がれた死刑囚なのだ。』

 

『わたしは、善いことかもしれない死を、はじめから、よくわからないのに恐れて逃げることは絶対にしない。』

 

『死を恐れることは、「本当は知者ではないのに、知者であると思い込む」のと同じなのだ。』

 

『もし有罪の判決がくだれば、わたしに罪をかぶせたのは、メレトスでもアニュトスでもない。多くの人からの悪口や嫉妬、妬む心なのだ。』

 

『君は、私が人間を堕落させたとして裁判に引き出したのだ。”堕落”させる人を見つけたのだからね。だったら反対に、どんな人たちが、若者を善くするのか知っているね。』

 

『知者だと思い込み、『無知の知』を知らない人は知恵を求めようとしない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP