名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。 』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

結婚をしてもいいが、人間にとって最大の権利である奔放な自由を手放すことになる。

 

結婚をしなくてもいいが、人間にとって最大の義務である命の継承を果たせぬことになる。

しかし『そのような考え方』では、どちらにせよ人生に悔いを残すだろう。では、結婚してもしなくても、悔いを残さない人生の考え方とはなにか。

 

それは、結婚して、夫婦生活をし、子供を育み、家族で食事をし、家族で風呂に入り、家族で旅行をし、家族と共に生きることに、命の継承が出来ることに、大いなる喜びを見出すことである。

 

そして、結婚せずとも悔いを残さないためには、自分の命を、『血の継承』ではなく、『智の継承』に使い、この世のすべての後世の人々に足跡を残す、革命家や、偉人となってこの世を生き貫くことである。

 

どちらが最善の生き方なのかは、『環境』が決める。どちらにせよ共通して言えることは、この人生に悔いを残さないよう、生き貫くことだ。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ソクラテス『結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。 』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『勉学は光であり、無学は闇である。』

 

『満足は、自然の与える富である。贅沢は、人間の与える貧困である。 』

 

『よく本を読んで、良き魂を育てよ。苦労して、著者が身に付けたことを、苦労せずに、読者は身に付けられよう。』

 

『友と敵、両方がいなければならない。友は忠告を与えて、敵は警告を与える。』

 

『少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。』

 

『わたしは、誰の師にも、成ったことはなかったが、一方で、誰の問にも、答えなかったことはなかった。 』

 

『いかに多くの富を有するか、自慢する者が居ても、いかに使うが分かるまで、彼を、誉めてはならない。』

 

『息が止まらない限り、私は知を愛し続ける。』

 


広告

↑ PAGE TOP