名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『生きている間に人間を知り尽くす。これこそが人間に定められた使命である。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

『人間』というのはもちろん、自分もそうだし、他人のこともそうだ。孔子は、弟子に『知とはなんですか?』と聞かれ、答えた。

『人間を知ることだ。』

 

周りを見渡せば、悲劇のヒーロー・ヒロインを気取っている人間が多く見受けられる。自分のことを理解してほしい。他人は自分のことを誤解している。なんで自分は理解されないんだ。そういう風に嘆く時期は、人間誰にでもある。だから幼少の頃はいい。

 

しかし、いつまでも『幼少』でいるのは、いささか恥を知らなければならない。人間を知る。それで抱えている問題は解決だ。例えば、『『中国古典』の教え』の『史記』にある、

 

『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

 

こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。

 

(中略)


『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば、人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

 

───▲

 

人間を知るのだ。人間は往々にして、愚かで、虚しい。しかしそれは自分も同じだ。 儚い。それがこの人生という一生である。

 

だが、別に『それ』でいいのだ。『それ』だとしたら、『それ』なりの生き方をすればいいだけだ。理解などされる必要はない。理解すればいいだけだ。そうすれば本当に理解させたい相手だけに、理解される人生になる。

 

 

参照:子曰わく、人の己を知らざることを患えず。人を知らざることを患う。

(学而第一-十六)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

孔子『生きている間に人間を知り尽くす。これこそが人間に定められた使命である。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『切磋琢磨とは、ダイヤの原石同士がぶつかって、ダイヤになるまで削り合うことである。』

 

『あてつけるようにガラリと変えてしまうのはエゴだ。徐々に変えるのが思いやりだ。』

 

『表層的なことで理解したつもりでいるなら、自分の目は節穴だと思った方が良い。』

 

『人生がピラミッドだとしよう。形が崩れてきたら、積んできた積み石を見直すはずだ。』

 

『人生とは一瞬ではない。一生なのである。』

 

『リーダーの威厳の真意を知り、その威厳を持て。』

 

『失敗したときは、即改めよ』

 


広告

 

↑ PAGE TOP