名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『人の価値は集めた富みによって決まるのではない。徳によって決まるのだ。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

三流は金を遺す、二流は事業を遺す、一流は人を遺す。

 

この意味だけ考えても、孔子の意見は傾聴に値するのである。大金を稼げない商売や生き方もある。それなのに、どうしてそれで、人の価値が判断できるだろうか。逆で考えると、『徳』のない人生とは、人を殺して街を渡り歩くような異常者の人生だ。これはまるで、『徳』の真逆の生き方をしている。

 

これでは、彼に金があろうがなかろうが関係なく、人生に『価値(+)』などなく、むしろ『(-)』の遺産しか遺すことは出来ない。そう考えると、金を遺す人間の、その『金の稼ぎ方』にも注視する必要があることがわかってくる。

 

人を殺し、人身売買をし、麻薬や武器を密売して稼いだ金だったらどうだろうか。そんなブラックマネーは、いくら遺しても『負の遺産』にしかならない。死んだ後はその財産を奪い合われて、終わりだ。その奪った連中も、散財させることだろう。 結局何も残らない。彼に価値があったのではなく、『金』に群がっていただけなのだ。

 

彼らは”力”に屈した人間だ。およそ、『徳』をもってこの世を生きた人間には、敵うことは出来ない。

 

 

参照:伯夷、叔斉、首陽の下に餓う。民、今に至るまでこれを称す。

(季氏第十六-十二)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

孔子『人の価値は集めた富みによって決まるのではない。徳によって決まるのだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分の立場に執着するな。それでもするなら、惨めな思いをすることになるだろう。』

 

『リーダーが心得る3つの戒めとは。』

 

『リーダーの3つの極意とは』

 

『リーダーの9つの心得とは』

 


広告

 

↑ PAGE TOP