名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『人に自分の不運を見せびらかすな。本当に悔いているなら、一人で苦しめ。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

私は宗教について人の10倍悩まされたので、口調は厳しい。大勢の人に受け入れられるような『慰め』的な王道の意見をするつもりはない。もしこの口調の意味を理解するならば、下記の関連記事を見るといいだろう。

 

もしそれが出来ないというのなら、そこに『悔い』などない。あるのは『悲劇のヒーロー・ヒロイン気取りのエセ役者』であり、周囲の目を気にしすぎて自分を見失って、『自業自得』を受け入れられない人間のなれの果てである。

 

自分の心と向き合うことが求められている。それは、孔子ソクラテスブッダも同じことを言う。そのことが出来ている人間なら、そういう行動はとらない。

 

自分の心と向き合って内省する時間を設け、その中で自分の感情を処理、整理して整える。

 

 

参照:『智恵の書 第1章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『宗教の本質は『慰め』ではない。『戒め』である。そうじゃなければ、残忍な殺人行為も慰められる(肯定される)。』

 

黄金律

『宗教を語る人間は嘘くさいが、宗教を語らない人間に、人間を語る資格はない。』

 

 

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

キリスト『人に自分の不運を見せびらかすな。本当に悔いているなら、一人で苦しめ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『むやみに子供を産めばいいというものではない。』

 

『目に見えるものだけに囚われてはならない』

 

『生まれたときのことを想像せよ。皆同じ、赤子であった。』

 

『白い色と黒い色がある。さて、その色は本当に合ってるか?』

 

『全世界にそれはある。グレートウォール(マクロ)だろうと素粒子(ミクロ)だろうと関係ない。』

 

『公明正大ではなく、理不尽な扱いがあった。それは決して許されない。しかし、だからと言ってそれを理由に悪に染まることも許されない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP