『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『愛は差別をしない。エピソード.0』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

 

この話の続きだ。いや、この『殺人鬼』が生まれたときの話だ。殺人鬼は、イスラム過激派だった。その前に、これを書いておかなければならない。『世界がわかる宗教社会学入門』にはこうある。

宗教には、テロリズムのイメージがある。宗教とテロは関係性が強いのか。これはもちろん誤解で、実際はテロリストが宗教を口実にしているだけ

 

さて、しかしこのイスラム過激派は、別に自分たちのことを『過激派』とは思っていない。物心ついたときからイスラム教の親の下に生まれ、イスラム教が浸透した国に生まれ、予言者ムハンマドとクルアーンを持って、アラーを拝めるのが普通だった。 前述した本にも、こうある。

『イスラム教は誤解されている。イスラム教ほど宗教に敬虔な教えはない。』

 

彼らにとっても別に、特別なことではなかった。皆やっている。親も、友達も、好きな人も、偉い人も、皆やっている。だから、間違っていると思わなかった。 (他の国の人が間違っているんじゃないのか。) とにかく人間なんてみんなそういう風に、自国のことをベースにして考えるものだ。それは日本人も、アメリカ人も、ロシア人も、韓国人も、中国人も、インド人も、北朝鮮人も、皆、同じはずである。

 

ある日、彼は『キリスト教徒』を名乗る人間が治める国が、自分たちの信仰を否定し、まるで『魔女狩り』の様なイメージで自分たちを制圧し、改宗させるか、絶滅させようという計画があることを秘密裏に知った。

 

彼は、今まで生きてきた自分の人生が否定されたこともさることながら、自分の最愛の家族や、信仰するアラー、ムハンマド、クルアーンという聖なる領域を侵されそうになったことで我を見失い、 (そんなことをさせてたまるか!キリスト教徒の悪いところは、昔からの言い伝えで知っているぞ!) と激昂し、信頼できる友人たちと、そのことについて真剣に話し合った。

 

(中略)

 

中略も何も、この話は全てフィクションだが、この間に、実に色々なことがあったことだろう。だがとにかく男は、突如自分の人生を奪われそうになったことで、気が動転したのだ。

 

例えばアリの巣があったとしよう。アリの巣をせっせせっせと築き上げた。長い時間をかけ、実に多くのアリたちがそれをコツコツと創り上げた。女王アリの居場所は一番最深部に。それを守るかのように、せっせせっせと一生懸命創り上げたのだ。 そこに、

 

何だよこんなとこにアリの巣がありやがった。だからアリがうようよいたのか。邪魔だな。よし、コンクリートでも垂れ流すか!

 

アリたちは、どう思うだろうか。この人間にも、言い分はもちろんあるだろう。家にアリの行列が出来たなら、それを駆除しようと思うのは、よくある発想だ。

 

だが、『アリが食物を貪って害を及ぼした』のか、あるいは『ただ行列していただけ』なのかという些細な理由でも、また状況は大きく変わってくるような印象を持つ。だがとにかく、彼らの間に、それは起きてしまったのである。

 

(中略)

 

男はテロリズムに支配されるようになっていた。それというのも、(どちらが悪いのかわからないが)この戦争によって、最愛の家族を、友を、失ったからだ。

 

(こんな世界は、間違っている)

 

彼の心が叫ぶ。そして彼は爆弾を持って、とある建物へ向かった──。

 

その続きがこの記事だ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
マテオによる福音書 第5章。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧