名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『過去の悪い行いの為に、「人生」を棒に振ってはならない。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

私が『悔いのない人生を』というキーワードを抱えるようになって、もうすぐ5年になる。なぜここへきてそのキーワードを抱えるようになったかというのは、あまりにも濃密すぎてここには書ききれない。一つだけ言えるのは、人間は往々にして、『後悔してしまう生き物』だということだ。

 

自分にも他人にも当てはまる。だからこそこの言葉に重きを置いた。こんなにも全ての人に当てはまる言葉も珍しいだろう。心が白い人、黒い人、どういう倫理感や思想を持っていたとしても、この言葉が当てはまらない人はいない。もっとも『意味を理解している人は全員ではないが。

 

さて、ここでいう『人生』とはなんだろうか。それは、自分の人生だけではないのだ。『人生』というのは、自分以外の全ての人の人生がそれに該当する。人は、後悔する生き物だ。『前始末』が出来たら全ての事故、事件、不祥事は起きない。世界中で今この瞬間にもそれは起きている。それこそが、人間が『後始末』に追われる生き物であるという証拠である。つまり、『後悔する生き物』なのだ。

 

だが、自分がいつまでもそのことについてくよくよとしていると、『人生』を棒に振るう。『人生』とは、自分の子孫のそれにも、該当するのだ。負の連鎖を、周りの人に押し付けたり、最愛の子孫へと繋いではならない。

 

『自分の人生』を肥やしに出来ない?『自分の人生』は肥料豊富な土壌じゃなくて、パッと咲き誇る花がいい?『失敗』したのに?

 

だとしたら『その負』は、連鎖されるだろう。『執着』こそが、人間が持つもっとも愚かな欲望である。

 

 

 

参照:法句経67

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ブッダ『過去の悪い行いの為に、「人生」を棒に振ってはならない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『多くの人は、真に強く、智慧ある人がどういう人か知らない。』

 

『言い争いに巻き込まれる必要はない』

 

『まさかそのゴミに蓋をすれば、掃除したと思っているわけではあるまい。』

 

『もし人の負の原因が(自分にある)と思ったら、解決しないのだろうか。』

 

『膨張は弾ける。成長とは違うからだ。だが、膨張を求める人はこれからも消えないだろう。』

 

『過去の善い行いのおかげで、「人生」がより良い循環をする。』

 

『過去の悪い行いの為に、「人生」を棒に振ってはならない。』

 

『外ばかり見て、内を観ない人間はまるで、ブレーキのない暴走列車である。終着点は不幸だ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP