『ヒト』を最適化しよう。

ブッダ『物欲は誰にでもあると思う。そして、この世の苦しみも、誰もが味わっていると思う。…ということは』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

答えはこうだ。

 

『執着は罪』。

 

それをまず絶対原則として理解することが重要である。しかし『執着を捨てる』というと、なにかこう『手放す』ような、『損をする』ような、そういう感覚に襲われる人がいるのではないだろうか。とくにこの『物欲を捨てる』ということなど、特にそうではないだろうか。

 

人間はそうだろう。 欲しくて欲しくて仕方ないのだから。 人間はそういうものだろう。 しがみつくのが人間なのだから。当たり前だ。 欲があって何が悪いんだ。当然だ。 あれもこれも全部欲しいんだ。次から次へと、新しい物から高価な物から人が持っている物まで、全部手に入れなければ気が済まないのだから。

 

これが人間じゃないか。 そうだろう? 人が持っていて自分だけ持っていないのが耐えられないのだ。 妬ましんだ。羨ましいんだ。 憎いんだ。嫌気がさすんだ。 自分だけ損するなんて、耐えられないんだ。

 

もういいだろうか。もうわかっただろうか。その苦しみの原因が、理解できただろうか。それが『執着』である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
中部経典『無諍分別経』。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧