『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『過去の善い行いのおかげで、「人生」がより良い循環をする。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

簡単に言うと、『悪循環と好循環』ということなのだ。難しく考える必要は全くなく、悪い行いのせいで、負の連鎖が回り続けることを『悪循環』といい、善い行いのおかげで、正の連鎖が回り続けることを『好循環』という。キリスト教の7つの大罪で言えば、

 

  1. 嫉妬
  2. 怠惰
  3. 憤怒
  4. 強欲
  5. 傲慢
  6. 色欲
  7. 暴食

 

たとえばこれら人間の愚かな私利私欲によって、最初の『負』が生まれたとする。 それに触れた周囲の人間が、その『負』に影響されてしまうとする。そうすると、また新たな『負』が生まれる。これこそが、『負の連鎖』である。

 

それに比べて『正の連鎖』を生む人のイメージとは、実にあっけらかんとしている。 自分の人生に、『執着』をしない。自分の功績を取られたと思っても(どうせまた機会はあるし)と思ったり、自分の失敗一つ取ってみても (まあいいや次にちゃんと活かせば) と思ったり、間違いなく他人から始まった負の連鎖だとわかっていても (まあ別に俺が断ち切ればいいか)と思い、とにかく前述した7つの大罪のような『醜い私利私欲』に支配されていない。

 

こういう人間からは『正の連鎖』が生まれる。例えどんな『ウイルス(負の原因)』が周囲に飛散していても、バリアのような『コーティング(正の心)』によってそれをはねのける。そういう人の人生は、より良い循環をする。さて、ここでいう『人生』とはなんだろうか。それは、自分の人生だけではないのだ。『人生』というのは、自分以外の全ての人の人生がそれに該当する。

 

人は、後悔する生き物だ。『前始末』が出来たら全ての事故、事件、不祥事は起きない。世界中で今この瞬間にもそれは起きている。それこそが、人間が『後始末』に追われる生き物であるという証拠である。つまり、『後悔する生き物』なのだ。だが、自分がいつまでもそのことについてくよくよとしていると、『人生』を棒に振るう。『人生』とは、自分の子孫のそれにも、該当するのだ。負の連鎖を、周りの人に押し付けたり、最愛の子孫へと繋いではならない。

 

『自分の人生』を肥やしに出来る。『自分の人生』はパッと咲き誇る花でなくても、肥料豊富な土壌で充分だ。『それに適した環境だった』のだから。そう考えられる人間のその『正の心』は、連鎖されるだろう。『執着』に支配されない人間の人生は、高潔である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経68。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧