『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『心の中に積み重なった火種は、やがて自分の身を燃やす。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

最初は『火種』だ。争いや不和の原因など、『火種』程度の物である。肩がぶつかったとか、くだらない嫌がらせをされたとか、妬み、嫉みが生んだ卑しい気持ちだとか、そういう、小学生時代なら往々にしてよくあること、その程度の発端に過ぎない 。しかし、その『火種』が溜まると、燃え上がって火事になることがあるのだ。その最たる形が『戦争』である。そう考えると『火種』を馬鹿に出来ない。

 

割れ窓理論』とは、建物の窓が割れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓も間もなく全て壊される、という理論。ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニがニューヨークの荒廃した街を立て直すときに、大いに役立たった理論だ。捨てられた空き缶、電車や壁に無秩序に書かれた落書き、そして文字通り、割れた窓。こういう小さな『火種』を全て消化することに全力を注ぐことで、ニューヨークは浄化されたのである。

 

同じように、自分の心に積み重ねられた『火種』も、放っておくとやがて自分の身を滅ぼすような『大火事』を巻き起こすことがある。そう考えたら『割れ窓理論』同様、『火種』のうちにその『負の種』を浄化して刈り取ることを、怠ってはならない。

 

それは、ある人は『祈り』であり、ある人は『内省』であり、ある人は『話し合い』であり『和解』である。灰が吹き荒れる道を歩けば、煤(すす)はつく。その度に、払い落とせばいいだけだ。だが、たったそれだけの『大事なこと』を、軽んじてはならない。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経71。

関連する黄金律

『後始末では遅い。前始末をせよ。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧