『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

寺山修司『わたしの存在そのものが質問なのだ。その答えを知りたくて生きてるんだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

我々が今いるのはここは、一体なんだろうか。宇宙、地球、日本、そんなことはわかっているのだが、この星は何だ。いつまである星なんだ。

 

地球

 

虚無たる宇宙。そこにたまたま太陽があって、絶妙な位置に地球があり、そこに生命が生まれて、そして恐竜は絶滅し、今はこうして、大人間時代を生きているわけだが、だから、何なのだ。その人間の寿命は、いつまでなのだ。

 

絶滅しないのか。恐竜が絶滅して、人間が絶滅しない理由は何だ。我々と他の動物との違いは、『考える』ことをするかしないかだ。

 

デカルトは言う。

 

いや、だからその『我』が何であるかなのだ。思って、認識して、自分がここにいることは知っているが、そもそもなぜ、この宇宙と地球という状況にいて、そしてどこに向かって生き、何の為に命を繋ぐのだ。その延長線上に、何があるのだ。何かを突き詰め、研鑽し、蓄積し、構築し、遺し、築き上げ、得て、確かにしていく。その延長線上に、何があると言うのだ。

 

構築し

 

人間は思慮を巡らせ、そう考えていくと、どんどんどんどん、答えの出ない疑問のブラックホールに飲み込まれていく。『無限』を考えるのと同じだ。1個、2個、と、有限であれば数に限りがあるが、『無限』を数えることは、出口のない迷路に迷い込むのと同じだ。

 

だから人々は、漠然と考えている。あえて、そうしているのだ。そうしなければ、人生で毎日のように直面するノルマを、こなすことが出来なくなる。

 

例えば赤ん坊が泣いた。その世話をしなければならない。仕事の緊急の電話だ。その対応をしなければならない。こういう具合に、ノルマをこなすことが出来なくなってしまうのだ。

 

マトリックス
画像

 

何の為に生きているのだろうか。それは書いたように、絶対的な答えは永久に出てくることは無い。それは『不変的』に見える答えだ。だが、相対的な答えなら出て来る。それはほとんど、『普遍的』にすら見える。

 

それぞれにしか出せない答えがある(相対的だ)という事実自体が、全員に当てはまる(普遍的な)事実なのである。

 

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

 

大洋

 

 

決められた終着点などない。我々は、大海原に堕ちたのだ。

 

どの方向へ行くか。

 

どれだけ前に突き進むか。

 

いいんだ。

 

思う存分旅をすればいいんだ。

 

どこへ、どれだけ進んだか。

 

それが自分がこの世に生きた、証だ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧