名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

寺山修司 名言/格言

寺山修司

 

寺山修司とは

日本劇作家。寺山修司は1935年12月10日生まれ、そして1983年5月4日に没した日本の歌人で劇作家です。さらには俳人や詩人として、そして演出家や映画監督として、他にも小説家、作詞家、脚本家、随筆家、評論家、俳優、写真家として多岐に渡る活動を行い、さまざまな作品を世の中に残しています。また、後年は競馬に傾倒し、馬主になるほどにのめり込んだことでも知られています。新聞や雑誌を度々賑わす時代の寵児として活躍しました。

 

晩年の競馬コラムなどが印象深いという方も多く存在していますが、その本質は文化人としてのさまざまな活動にあります。婦人の九條今日子や俳優の美輪明宏などとも組み、劇団天井桟敷を立ち上げ興行を起こそうとした際には、身体が弱く自身の言葉を評価されることを待つことができなかったという思いを美輪氏が感じ取ったというエピソードも存在しています。創作のバイタリティの根源が、自身の活動の限界を感じ取っていたから、という受け取り方もできます。

 

そのような寺山修司の名言としては『わたしの存在そのものが質問なのだ。その答えを知りたくて生きてるんだ』というものがあります。これは存在し続ける以上は創作を辞めることができない、存在自体が創作なのだという意志の現れと捉えることができます。そのような寺山は肝硬変をきっかけに入院し、腹膜炎を併発した後敗血症で没することになりました。47年という短い生涯でしたが、その言葉の数々は作品として多く世の中に残されています。

 

 

スポンサーリンク

 

寺山修司の言葉

 

 

『振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない。』

 

カテゴリー:人生/生死

今が絶望の淵にあっても、過去が思い出したくないほど凄惨なものでも、明日はどうだ。未来はどうだ。それがわかる人間など、永久に現れることはない。

>>続きを見る

 

『大体人生相談してくるのは、相談前にもう自分で答えが決まってるのが多い。』

 

カテゴリー:人生/生死

『それ』の後押しをしてもらいたい。確固たる確証を得たい。心理テストでも占いでも知人、恋人への相談についても、その背景にあるのは『確証バイアス』である。

>>続きを見る

 

『映画に主題歌があるように、人の一生にもそれぞれ主題歌があるのではないだろうか。』

 

カテゴリー:人生/生死

『映画に主題歌があるように、人の一生にもそれぞれ主題歌があるのではないだろうか。そして、それを思い出して唄ってみるときに、人はいつでも原点に立ち戻り、人生のやり直しがきくようなカタルシスを味わうのではないだろうか。』

>>続きを見る

 

『どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない。人間に与えられた能力のなかで、一番素晴らしいものは想像力である。』

 

カテゴリー:人生/生死

まず上を見る。すると当然、その位置は、自分よりも高い位置にあることを知る。

>>続きを見る

 

『人生の暗い部分を見ない人間には、その深さはわからない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

小説家、開高健は言った。 『成熟するためには遠回りをしなければならない。』しかし『遠回り』というのは実は幻想で、実際はそれが『最短距離』だ。

>>続きを見る

 

『なみだは人間の作るいちばん小さな海です。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『海』とは、古くから『生命の源』であるとされてきた。実は海ではなく、最初は水たまりの様な『淡水』だったという最新情報もあるが、それは今はあまり関係ない話だ。

>>続きを見る

 

『ほんとうは、名台詞(せりふ)などというものは生み出すものではなくて、探し出すものなのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、宮崎駿は、『だいたい、僕が言ってるようなことはもっと立派なお坊さんたちが遥か昔から言ってるんです。』と言ったが、

>>続きを見る

 

『時には、言葉は思い出にすぎない。だが、ときには言葉は世界全部の重さと釣合うこともあるだろう。そして、そんな言葉こそが『名言』ということになるのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、ショーペン・ハウエルのこの言葉だ。『富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが渇いてくる。』これは真理の言葉だ。

>>続きを見る

 

『わたしの存在そのものが質問なのだ。その答えを知りたくて生きてるんだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

我々が今いるのはここは、一体なんだろうか。宇宙、地球、日本、そんなことはわかっているのだが、この星は何だ。いつまである星なんだ。

>>続きを見る

 

『生が終わって死が始まるのではない。生が終われば死もまた終わってしまうのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

生きた。死んだ。人生が終わり、次は死後の世界だ。しかし、そうではない、と。人生が終われば、死後の世界も来世も何もない。終わりなのだと。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP