名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


(経験したい)と思う。しかし、一か月後にはその熱がすっかり冷めて、それを経験するどころか、一か月前にそう思っていたことさえ忘れてしまっていることがある。『三日坊主』の背景にあるのもこうした心理的な動きだ。

 

だが、一度経験したことは、記憶喪失にでもならない限り、記憶からそうそう消えるものではない。もしすぐには思い出せなくても、少し馴らせばすぐに思い出すものである。

 

『情動記憶』とは、身体に刷り込まれた記憶のことであり、自転車や自動車の運転の事を思い出せばわかりやすい

 

飲酒運転は絶対にダメだが、酔っ払って記憶を無くしていても気づいたら家についていたという事例がある。あるいは、自転車を随分乗っていないはずなのに、乗り方を覚えているのだ。このようにして、人間が一度経験したことは、たとえ意識が酩酊していてもなかなか忘れるものではないのだ。

 

 

『経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない』というのは、『そうしようと考える』ということは、その経験以外に目を向けることになるわけだから、経験を積もうとする意志の邪魔になってしまうということだ。それに没頭し、とにかく経験を積んでしまうことが重要である。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ニーチェ『経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ニーチェ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『あなたがたの実力以上に有徳であろうとするな。できそうもないことをおのれに要求するな。』

 

『自己の思想を氷の上へおくことを心得ていたい人は、論争の熱の中へ身を投じてはいけない。』

 

『芸術…芸術こそ至上である!それは生きることを可能ならしめる偉大なもの、生への偉大な誘惑者、生の大きな刺激である。』

 

『苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。』

 

『血と格言をもって書く者は、読まれることを望まず、暗誦されることを欲する。』

 

『論争に応ずる場合には、双方にとっていちばん不愉快なやり口は、立腹して黙っていることである。』

 

『生きるとはなんのことか…生きるとは…死にかけているようものを、絶えず自分から突き放していくことである。』

 

『男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない。』

 

『男の幸福は「われ欲する」ということであり、女の幸福は「彼欲する」ということである。』

 

『私の真理は怖ろしい。というのは、今まで嘘が真理と呼ばれてきたのだから、あらゆる価値の価値転倒…これが私の方式だ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP