Contents

ニーチェ『大きな苦痛こそ精神の最後の解放者である。この苦痛のみが、われわれを最後の深みに至らせる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

出産のあの痛みと流れによく似ている。女たちは口を揃えてその出産の痛みを『男には耐えられないほどの痛み』だと言うが、もし私が女ならば、男に対するそうした差別的発言は、ますます男女との間に深い溝が出来るだけだから避ける。

 

だが、それほど痛いのだ。とてつもない痛みなのだろう。私がそれに耐えられないかどうかは置いておいて、想像を絶する痛みがあるということは、彼女らの話を聞いていればよくわかった。

 

 

だが、彼女たちは口を揃えてこうも言う。

 

でも、この子供達の命の尊さを知ってしまうと、あの痛みに耐えて、もう一人欲しいなって思うんです。

 

大きな苦痛の後に、解放があり、捻出があり、悟りがあり、誕生がある。この様な流れが、ニーチェの言葉が指し示す一連の流れと、似たものであるという印象を持った。

 

私は17歳の時、精神的に追い込まれていた。『脱出』するしかなかった。しかし、その脱出方法の中に、『自殺』や『逃亡』もあったが、それらが地獄の方向であるということは、無知で未熟なあの頃の私でも何となくわかった。では一体どのようにして脱出すればいいのだろうか。そこに焦点を当ててしばらく頭を張り巡らせると、ふと私はノートに頭に思い浮かんだことを書きなぐっていたのだ。それは、私の人生で初めての『内省』だった。

 

つまり、私が出した脱出方法とは、『自分の心を整える』ということだった。『パラダイム転換』とも言う。例えば、苦痛苦痛と言うが、そもそもなぜそれを『苦痛である』と認識しているのか。もしかしたら、『後で美味い飯を食べる為の必須条件』を満たしている最中なのかもしれない。運動や労働は体力を消耗する。だが、その後に食べる食事の美味しさは、同じ物を三日三晩食べ続けた後に食べる食事の美味しさと比べた時、まるで比にならない。だとしたら、苦痛はむしろ、喜びの前兆なのだ。

 

福沢諭吉は言った。

 

この様な内省によって、自分の頭の中を『再構築』するイメージで、植えついているパラダイム(価値観)を最適なものにする。この発想に辿り着くのは、(この現状をどうしても脱出・打破しなければ!)と強く認識する、窮地や、困難な状況なのである。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジョン・スタインベック『人間は、時に誤りを犯しながらも、足をのばして前進する。時にはすべって後ずさりすることがあるかもしれないが、完全に一歩後退することは決してない。』 ガウディ『役に立たない人なんていない、ということを覚えておかないといけない。たとえ同じ能力がなくても、誰だって役に立つんだ。』 スタンリー・キューブリック『世の中に、馬鹿げた考えなどというものはない。』

 

関連する『黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

ニーチェの名言・格言一覧