名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『空はどこに行っても青いということを知るために、世界をまわって見る必要はない。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


いや、もしかしたらとある場所では、空が赤いかもしれない。常に曇り空の様な場所もあるし、常に陽が差している南国の様な場所もある。だから、この世界を知る最も有効的な方法は、人の話で聞いたり本で読んだり、テレビで観て行った気になるのではなく、自分の足で、目で見て確かめることだ。

 

 

だが、もしこの言葉が比喩であり、

『とある合理的な方法で知った、最初からわかっている事実の確認を取るために、わざわざそれよりも効率の悪いやり方をして、その事実を確かめ直す必要はない。』

 

という、合理的と非合理的との間にある圧倒的な差を指し示しているのであれば、それはその通りである。

 

カルロス・ゴーンはこう言い、
『優先順位の低いことをいくら上手にやっても、それは時間、才能、労力、資源のムダになってしまう。』

マイケル・ジョーダンはこう言い、
『わかりやすい格言を紹介しておこう。何事をなすにも、正しい方法と間違った方法があるという格言だ。』

ドラッカーは言った。
『まったくするべきではないことを能率的にする。これほどむだなことはない。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

26.『簡潔、単純、シンプルが知性だ。

簡潔に出来ないならそこに知性はない。シンプル・イズ・ベストだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『空はどこに行っても青いということを知るために、世界をまわって見る必要はない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ゲーテ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『すべてを自分自身のおかげだと思うとしたら、それ以上進歩はできない。』

 

『バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。』

 

『逸話集や格言集は社会人にとって最大の宝である。もし前者を適当な場所で会話の中に混ぜ、後者を適切な場合に想起するならば。』

 

『気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。』

 

『行為の最中にも思考の余地がある。』

 

『自分の一生の終わりを初めと結びつけることのできる人は最も幸福である。』

 

『焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる。』

 

『人はあまりにもつまらぬものを読みすぎているよ。時間を浪費するだけで、何も得るところがない。そもそも人は、いつも驚嘆するものだけを読むべきだ。』

 

『人間の最大の罪は不機嫌である。』

 

『他人を自分に同調させようなどと望むのは、そもそも馬鹿げた話だよ。』

 

『同じ経験を繰り返して話をする人に言えることだが、彼らは経験すべきことの半分も自分が経験していないことを、いつまでもわかっていない。』

 

『自由でないのに自由であると考えている人間ほど、奴隷になっている。』

 

『前進をしない人は、後退をしているのだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP