名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ドラッカー 名言/格言

ドラッカー

 

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーとは

オーストリア経済学者。生誕1909年通称『経営学の父』。マネジメントという概念の創始者とも言われるのがピーター・ファーディナンド・ドラッカー(1909~2005年)です。ユダヤ系オーストラリア人で、ドイツ語では「ドルッカー」と表記されます。出身はウィーンですが、30年代にナチスの迫害を恐れアメリカに移住しました。

 

経営学の分野においてもっとも大きな影響を及ぼした経営学者とされているドラッカーの代表作が「マネジメント」。この著作によって、組織の運営方式やリーダー論などが根本から改められたと言われています。また、その思想と主張は組織運営に留まらず、個人の自己啓発や成長まで含む幅広い内容となっています。

 

日本でも2000年代に入ってから注目が高まり、現在では著作が400万部以上の売り上げを誇っています。また、ドラッカーの思想を下敷きにした小説「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」の大ヒットも記録に新しいところです。

 

ちなみに、アメリカの経営学の最前線にいるほぼすべての経営学者は、ドラッカーの本を読んでいないそうです。偉人であることには変わりませんが、日本の彼への高い評価は、独特だということになるかもしれません。

 

ドラッカー関連の書籍

 

 

スポンサーリンク

 

ドラッカーの言葉


 

 

『成長には準備が必要である。いつ機会が訪れるかは予測できない。準備しておかなければならない。準備ができていなければ、機会は去り、 他所へ行く。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

組織の経営や管理に関する新しい概念を生み出した功績から『経営学の父』と称され、 20世紀のおける最も偉大な思想家の一人として数えられるドラッカー。だが、そんなドラッカーの人生にも、貧乏な時代があったというのだ。

>>続きを見る

 

『まったくするべきではないことを能率的にする。これほどむだなことはない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

実はこのテーマについて記事を書こうと思っていたのだが、ドラッカーがすでに言っていたのだ。というか、書こうと思っていることは全て偉人たちが言っているので、なかなかオリジナル記事に発展しない。

>>続きを見る

 

『革新の鍵は捨てることにある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『革新』。それは『イノベーション』の意味。『温故知新』だとか、『従来の発想を捨てる』だとか、『既成概念にとらわれない』だとか、何でもいいが、とにかくこれら、イノベーションに付随するのは、ドラッカーの言う様に『捨てる』ことなのである。

>>続きを見る

 

『決定のためには、いろいろな案がなくてはならない。可・否の二案だけでは不足であり、決定しない、という決定もある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

A案とB案。どちらかにしなければならない時がある。二つの選択肢があると言われ、それを突きつけられるのだ。だが、慌ててはならない。その場に支配されてはならない。

>>続きを見る

 

『定年の必要は実際のところ、年老いたということではない。おもな理由は、若者たちに道をあけなければならないということにある。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

我々は『リレー』をしているのだ。命のリレーである。それは血である。知である。命である。

>>続きを見る

 

『反対論がない場合には結論を出してはならない。勇気と勉強に不足があれば反対論は出ない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

勇気と勉強に不足していると、こういうことが起きる。『慣れ合い』と『蔓延している常識的な意見の主張』だ。

>>続きを見る

 

『管理者は、高潔な品性をもってこそ、指導力を発揮し、多くの人の模範となりうる。』

 

カテゴリー:教育/愛情

その逆の、傲慢不遜で横暴な人間には、表層的な媚び諂いはあっても、実質的に模範とする人は皆無に等しいだろう。(逆に利用してやる)とは思われても、(一生ついていきたい)と言う人は現れない。

>>続きを見る

 

『効率とは物事を正しく行うことで、有効性とは正しいことを行うことである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ドラッカーはこうも言う。『まったくするべきではないことを能率的にする。これほどむだなことはない。』まとめると、『正しいことを能率的にやることで、有効な効率』を得られ、『間違ったことを能率的にやることは、

>>続きを見る

 

『経済的発展において最大の資源となるのは人間である。経済を発展させるのは、人間であって、資本や原料ではない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

天才軍師、周瑜は言った。『何事も、その基は人です。人を得る国はさかんになり、人を失う国は亡びましょう。』経営の神、松下幸之助も、

>>続きを見る

 

『コミュニケーションで最も大切なことは、相手の言わない本音の部分を聞くことである。』

 

カテゴリー:教育/愛情

普通、情報は歪曲する。だとしたら、その『歪曲する前の情報』を知り得ることが、重要なカギとなる。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP