『ヒト』を最適化しよう。

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

意味

不幸がないというのなら、天災、家族の死、不治の病、不慮の事故といったものの存在はどうなるのか、という話になる。それが『ある』のに、『ない』などというのは言語道断であり、断じて許されることではない。そういう強い思いが湧き上がってくるのを覚える。人間だからだ。人間だから、そういう思いに突き動かされるのだ。

 

だが、その不幸を、『教訓』として生かしたり、『糧』にして蓄えたりする選択肢がこの世には存在することを、どう思うだろうか。

 

ケニアの初代大統領、ジョモ・ケニヤッタはこう言い、

 

アメリカの作家、ホイットマンは言った。

 

人間というものは考え方次第で、目の前の光景が善にも悪にも映る。

 

ドイツの精神科医ヤスパースは言う。

 

そもそも、『善と悪』、『幸や不幸』といったものは、一体なんなのだろうか。

 

ドイツの詩人、シレジウスは言った。

 

あなたは下記の記事を見ても、『善と悪』、『幸や不幸』について断言できるだろうか。

 

関連リンク

 

 

 

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

関連する偉人の言葉