目次

ソクラテス『結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。 』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

結婚をしてもいいが、人間にとって最大の権利である奔放な自由を手放すことになる。結婚をしなくてもいいが、人間にとって最大の義務である命の継承を果たせぬことになる。しかし『そのような考え方』では、どちらにせよ人生に悔いを残すだろう。では、結婚してもしなくても、悔いを残さない人生の考え方とはなにか。

 

それは、結婚して、夫婦生活をし、子供を育み、家族で食事をし、家族で風呂に入り、家族で旅行をし、家族と共に生きることに、命の継承が出来ることに、大いなる喜びを見出すことである。

 

そして、結婚せずとも悔いを残さないためには、自分の命を、『血の継承』ではなく、『智の継承』に使い、この世のすべての後世の人々に足跡を残す、革命家や、偉人となってこの世を生き貫くことである。

 

どちらが最善の生き方なのかは、『環境』が決める。どちらにせよ共通して言えることは、この人生に悔いを残さないよう、生き貫くことだ。

 

 

注意

※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』
『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』
『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』
『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ソクラテスに関する他の記事