名言を自分のものにする

広告

 


『ある』からといって与えてはいけない


ライオネル、二コール・リッチー親子と、弊社社員との共通点があった。それは、

 

『ある』から といって与えてはいけない

 

という教訓である。それは、どんな親子、師弟、上下関係にも当てはまることになるかもしれない。私と親との間にも、それが当てはまるだろう。

 

ライオネル・リッチーは、子供がいなかった。だから養子を迎えた。それがニコール・リッチーだった。

 

だが彼女は悪友、パリス・ヒルトンと共に、やりたい放題の毎日を送った。何をしても父親、ライオネルが許し、あるいは金で解決したのだ。ある日ニコールは、未成年なのにクラブで酒とドラッグをやり、男の頭をビンで殴った。警察沙汰になったがその時もライオネルは、金で解決したのだ。

 

その後ニコールは、見る美無残に激ヤセした姿をパパラッチに写真を撮られ、こう書かれた。

『ニコール、君がしたいのはダイエット?それともドラッグ?』

 

彼女がこうなってしまった要因は、どこにあったのだろうか。『愛情がある』、『お金がある』、『言ってあげられる助言がある、経験値がある』。だが、『ある』ということが、常として相手の幸福へとつながるというわけではないことを、忘れてはならないのだ。

 

『在りかた』、『与え方』をよく見極めなければ、時に『ある』ことは、逆効果になってしまうこともあるのだ。そして、『ある』だけではなく、挫折し、叱られ、制裁を受けて初めて、幸せになれる権利を手に入れることができるのだということを、人は、忘れてはならない。

 

 

 


by:一瀬雄治 (Yuji Ichise)


『ある』からといって与えてはいけない

スポンサーリンク

広告


Warning: include(dai.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/inquiry/a-inquiry.com/public_html/knowledge/arukarato.html on line 168

Warning: include(): Failed opening 'dai.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.6.36/data/pear') in /home/inquiry/a-inquiry.com/public_html/knowledge/arukarato.html on line 168

 

↑ PAGE TOP