Contents|目次

アインシュタイン『賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。人は、立ち止まって称讃に耳を傾けがちであるが、唯一なすべきは、賞賛から目を逸らし、仕事を続けること。それ以外の方法はない。』

 

仕事

 

賞賛などなかった。そういうぐらいの気持ちで、『目を逸らす』。それは別に、目を逸らしてもいい事実だ。なぜなら、逸らしてもその事実は、変わらない。変わることなく、人は賞賛を続けてくれるだろう。だとしたら、後はもういちいちそれに乗っかって、自分の気持ちの波を変えてしまう必要はない。そもそも賞賛は、『波を変える前の自分』に向けられたものだ。だとしたら、むしろ『変えてはならない』のである。賞賛した人も、心のどこかでそれを期待している。

 

 

そして、渋沢栄一は名著『論語と算盤』で『得意時代と失意時代』という概念について書いている。

およそ人の禍は、多くは得意時代に萌すもので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害はこの欠陥に食い入るのである。ならば、得意の時だからといって気をゆるさず、失意の時だからとて落胆せず、平常心を保つことを意識することが重要である

 

徳川家康も、

 

と言ったが、『絶頂』は常にあって当たり前とし、『得意』になってはならない。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

テレンティウス『人生は将棋のようなものだ。自分の手中にあるものはチャンスではなく、駒の進め方だ。』 コペルニクス『地球の可動性を禁じるものは、何も無い。』 シラー『持てる者は失うことを知り、幸せは苦しみを知る。』

 

関連する『黄金律

『人間が転落するタイミングは決まっている。「得意時代」だ。』

『「一歩」の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、「失敗」ではない。』

『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧