『ヒト』を最適化しよう。

ヒルティ『諸君にとって最も容易なものから始めたまえ。ともかくも始めることだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ゲーテは言う。

 

そこに書いたが、誰だって気が遠くなるほど高い目標を見上げた時、

 

目標

 

(これを一から自分が積み上げるとなると無理かなあ)と思うかもしれないが、それはただの勘違いだ『完成されたピラミッド』を見るから、圧倒されるのだ。

 

図解版で考えてみよう。

 

 

何の事はない。一つ一つ積み上げているだけだ。まずは始めることだ。そうしなければいつまでも明日の二段目、明後日の三段目には到達しないだろう。

 

アメリカ合衆国建国の父、ベンジャミン・フランクリンは言う。

 

当たり前だ。何度も言う様に、今日の一段目を積まなければ、明日の二段目は無いのだから。はじめの一歩を踏み出せない気持ちはよーく知っている。

 

だが関係ない。

 

関連リンク:ルフィ『うるせェ!!!いこう!!!!』

 

『諸君にとって最も容易なものから始めたまえ。ともかくも始めることだ。』

 

始めなければ次の境地へは行けない。例えば私の部下は、自分の欲望に執着していて、いつまで経っても次の境地に進むことができない。例えば、入社して10年経ったが、この5か月でした遅刻の数が、実に20回である。これはもう異常者のレベルだ。

 

現に、彼は吃音症という言語障害を持っていることから、精神的な問題を抱えていることは判明していることである。その他にも、『掃除をしろ』と言っても掃除が一向にできず、棚に詰め込んで表面から見えなくすることを『掃除』だと思っていてぞんざいな掃除しかしないあたりは、『ADHD』の病気にも似た異常性がある。

 

そんな彼が、10年経った今、『私の忠告を無視して』未だに遅刻をし続けている。私がした助言とは、『8時に出社するなら、7時に起きろ』というごくごく当たり前のことだ。

 

しかし彼は、自宅でやる仕事であることに付け込んで、ギリギリまでベッドから起きず、8時少し前にメールをしてくるというぞんざいな生活態度に甘んじ続けている。そして結局8時を過ぎてしまい、遅刻をするということを繰り返しているのだ。

 

遅刻

 

ある日のカンブリア宮殿で、ある経営者が、創業者である祖父に、8時半出社の会社で8時に出社したら、

『今、何時だと思ってるんだ。お前は6時半に出社し、みんなの机を拭き、オフィスを掃除しろ。』

 

と怒鳴り散らされたという内容を放送していた。これが当たり前の心構えだ。この経営者の場合は、『二世』というレッテルのこともあるし、『次期社長』という問題もちらついている。それくらいのことをしなければならないことは当然で、しかし、それを成し遂げた彼には、経営者の資格はあると認められるのである。

 

一方、部下はどうだ。10年経っても遅刻をし続ける。異常なまでに、どんなに制裁をしても、殴っても、口で言っても、またあるい『北風と太陽』で逆療法で考えても、許しても、待ってみても、何をしても治ることがない。

 

『諸君にとって最も容易なものから始めたまえ。ともかくも始めることだ。』

 

彼にとっての『最も容易なもの』とは、一見するとその起床のメールを1分だけ早めていくことである。だからこそ遅刻をするたびに、1分ごとにメールが早くなる。だが、その数日後にはまたメールする時間がどんどん遅れてきて、8時を過ぎてしまうのである。

 

遅刻

 

ヒルティは、このような未来を想定してこの言葉を言ったのだろうか。いや違うだろう。ヒルティは、状況を改善するためにこの言葉を捻出したのだ。ということは、ヒルティがこの部下に言うとしたらこうなるだろう。

 

『君は8時までにメールをして仕事をするらしい。だが、それが何度も何度も遅れてしまうらしい。世の中には会社に出社するために、タイムカードを押す最低でも一時間前には起きるのが常識だ。女性なら化粧の時間もある。

 

それに比べて君はあまりにも恵まれている。だとしたら、考えるべきなのはそこだ。一分でもいいから寝る時間を確保したい。そう考えるのは、自分が被害者だと思っているからだ。では、前日本当に夜遅くまで仕事をしているのだろうか。

 

聞けば、最初は元々9時~19時という営業時間だったというではないか。休憩時間も2時間ある。それで制裁によって、8時~21時になった。それは最初からそう言われていたはずで、しかし自分で勝手に自滅し、そういうことになった。

 

自滅

 

だが、それでも21時だろう。世の中には終電ギリギリまで仕事をしている人はごまんといる。そんな中、君はあまりにも恵まれている。だとしたら、考えるべきなのはそこだ。

 

つまり、君がやるべき『最も容易なこと』とは、起床時間を一分早めることではない。自分がどれだけ恵まれている状況にいるか、内省することだ。それをしない限りこの問題は解決せず、解決しないままなら、君がその『最も容易なこと』を怠ったということだ。

 

例えば、『あ!』と言う。今、それをやれと言われたらすぐにできるはずだ。吃音症でもこれはできる。だが、それをやったところで何か状況は改善するだろうか。

 

しないなら、君がやるべき『最も容易なこと』とは、『あ!』とことではない。起床時間を一分早めることでもない。自分がどれだけ恵まれている状況にいるか、内省することだ。』

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

ヒルティの名言・格言一覧