『ヒト』を最適化しよう。

ヒルティ『時には敵の方が正しいこともある。というのは、人間の心は生まれつきはなはだ利己的であって、どんな論難攻撃をもすべて自分に対する侮辱だと感じるからである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

分析心理学の創始者、ユングは言う。

 

エレノア・ルーズベルト元大統領夫人は言う。

 

正義とは』なんだろうか。

 

ソクラテスは言った。

 

船

 

『善』とはなんだろうか。

 

ゾロ

 

ここまでのリンク先も記事も全て見たとなると、相当この問題についての規範意識が高くなっているはずだが、昨日まで友人だと思っていた人間が、ちょっと趣味嗜好に反論しただけで、向こう側に回ってしまった、ということがある。

 

(なんだ、お前が敵だったのか)

 

という考えが彼らの頭を支配しているわけだが、実は敵は自分だという事を理解しているかどうかだ。

 

小林多喜二は言った。

 

『化けの皮(メッキ)』が剥がれただけなのだ。真実の声を隠蔽し、真実を離してくれた真実の友を敵と定めた。こんな人間は、もともと『友』ではない。

 

クリスチャン

 

私は以前、友人の誕生日に、幾多もの人間が暴力的な彼に怯え、『おめでとう!』等という当たり障りのない社交辞令をする中、一人、

『お前、嘘をつくのはもうやめろよ。信用に関わるぞ。』

 

と言った。だが彼は、

『俺は嘘なんかついたこと一度もねえよ。おかしいぞお前』

 

と言って、真実を隠蔽し、それどころか私を敵と定めた。

 

人間、自分の事を攻撃されたと思ったら、とっさに取ってしまう行動はある。だがしかし、考えなければならない。どういう人間こそが、『友』かということを。

 

彼は、真実に忠実になった私という本当の友を失った。もちろんそれこそが彼に大きな影響を与えるため、彼のためを考えれば、そのほうがいいということもある。

 

あのまま私が彼との争いを避け、彼の周りにいる人間のように、それまでの私のように彼に愛想笑いをしてみて見ぬふりをしていれば、彼は自分が『力づくで押し通せば世の中なんでもごまかせる』と思い込み、彼の傲慢は悪化しただけだろう。

 

彼は窮鼠だった。だから猫を噛んだのだ。つまり、私は彼にとっての猫なのである。その事実があるだけで、優位な立場なのは私だ。彼は噛みついてしまったことにより、自分が鼠で、私が猫であるという事実を認めてしまった。

 

鼠

 

『時には敵の方が正しいこともある。というのは、人間の心は生まれつきはなはだ利己的であって、どんな論難攻撃をもすべて自分に対する侮辱だと感じるからである。』

 

ヒルティの言う通り、彼は私の真実の言葉が、自分に対する侮辱だと思ってしまった。しかし実際は侮辱ではなく、むしろ尊重だった。彼の人生を本当に尊重しているからこそ、誰もが『おめでとう!』と真実に蓋をして無難な選択肢をとる中で、私は『本当に彼のためになること』をやったのだ。

 

追記:あれから10年。いまだに彼と連絡を取り合うことはない。むしろその間、風のうわさでは彼、あるいは彼の周りにいた連中が大きく人生を転落させてしまったようだ。もし、その人生を大転落させた人がもっと早くに私のような人、いやもちろん私以上の人に出会っていれば、彼は一生を棒にふるうことはなかったかもしれない。

 

大転落

 

言うことを聞かない人間は、いつしか周囲から相手にされなくなる。だがその延長線上にあるのは決して『無敵の人』ではなく、破滅の道を歩く迷走者である。

 

板垣退助

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

ヒルティの名言・格言一覧