『ヒト』を最適化しよう。

ヒルティ『多すぎる休息は、少なすぎる休息と同じように疲労させる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかし休息の取る量は、その人の性質によって変わってくる。

 

例えば『良質な休息方法』の取り方が分かっている人は、ほんの少しだけ寝転がり、目を閉じただけでも身体を回復させ、パフォーマンスを戻すことが出来る。

 

『酸素カプセル』に入ったり、スパ、入浴をしたり、サウナに入ったり、ホットアイマスクをしたり、マッサージを受けたり、『量(時間)』は少なくとも、ギュッと『質』を良質にすることで、短い休息でも、その人にとって十分なものに出来る

 

スパ

 

また、中には『サグマイスターをとる』という休息方法があり、実に7年もの間サバティカル(長期休暇)を取るという人もいるのだ。

 

そう考えるとこの『多すぎる休息』というのは、『量・時間』というよりも、『その人にとって度を超えた』休息ということになり、『少なすぎる休息』というのは、『その人にとって不足している』休息である。

 

4時間の睡眠で回復する人もいれば、10時間睡眠する人もいる。そこは十人十色だ。あくまでもここに『絶対的な量・時間』はなく、一人一人にとっての『相対的な量・時間』を意識して確保することが重要である。『ササッとわかる「SAD 社会不安障害」 あがり症の治し方』にはこうある。

危険を感じて戦うときや逃げるときは、ドキドキしたり震えたりといったSADと同様の反応が現れる。これは、副腎皮質ホルモンやアドレナリン、ノルアドレナリンといった脳内物質が放出されるため。良質な睡眠がとれないと、これらの脳内物質が多く分泌され、心身の緊張状態を作り出しやすくなる。

 

 

人によっては睡眠が必要不可欠という人もいる。ナルコレプシーという病気は、どこでも構わず急に寝てしまう病気だ。だから町中を歩くときもヘルメットを被る。そこで急に寝てしまったとき、頭を地面にぶつけて死んでしまうかもしれないからだ。

 

ナルコレプシー

 

あくまでもここに『絶対的な量・時間』はなく、一人一人にとっての『相対的な量・時間』を意識して確保することが重要である。

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

同じ人物の名言一覧

ヒルティの名言・格言一覧