名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

鈴木修 名言/格言

鈴木修

 

鈴木修とは(画像

日本実業家。生誕1930年

 

 

スポンサーリンク

 

鈴木修の言葉

 

『自分で行動せず、机上でばかり考えている人間はダメ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『机上の空論』とは、頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や考え。『絵に描いた餅』とは、どんなに巧みに描いてあっても食べられないところから、何の役にも立たないもの。また、実物・本物でなければ何の値打ちもないこと。

>>続きを見る

 

『奇策じゃなしに、誰に何を言われようとも自分の実力を過信せずに続けることが大切。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

余計なことをせず、誰に何を言われようとも、過信せず、自分のやるべきことを集中して継続する。そういう人間がどれだけの力を持っているかということを裏打ちする偉人の言葉は出揃っている。

>>続きを見る

 

『コスト、クオリティ、プロダクティビティ。ザッツ・オール!』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

売り上げが3兆円もあるとは思わなかった。カンブリア宮殿か何かで、鈴木修が自社のことを『中小企業だ』と言っていたからだ。『大企業っていうのは、トヨタさんとかのことを言うんです』とも言っていた。

>>続きを見る

 

『フォードもせっかく買収したジャガーを売ってしまいました。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自力でコツコツと積み上げてきた企業が成功し、ダイムラーとクライスラーのような大合併は、結局失敗だったと思います。フォードもせっかく買収したジャガーを売ってしまいました。

>>続きを見る

 

『「売上高3兆円で中小企業というのはおかしい」と反論されることもありますが、私が言いたいのは規模の話ではありません。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

売り上げが3兆円もあるとは思わなかった。カンブリア宮殿か何かで、鈴木修が自社のことを『中小企業だ』と言っていたからだ。『大企業っていうのは、トヨタさんとかのことを言うんです』とも言っていた。

>>続きを見る

 

『会社が大きくなったからといって、スズキという会社に実力がつき、強くなったわけではありません。体の内部の筋肉や臓器が十分に発達していないのに、身長だけがどんどん伸びたようなものです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

この考え方が欲しいのだ。全ての企業は、この考え方を自分の精神の根幹に根付かせなければならない。それが出来れば、『膨張』して破裂することもないし、大企業病に陥って、破綻することも無い。

>>続きを見る

 

『いったん規則ができると、自分の頭で考えずにそれに従う人が出てきます。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

大企業に関わらず、人間というものは、規則やルール、常識や固定観念に囚われて、自分の可能性、つまり『幅』を狭くし、価値を埋没させてしまいがちである。

>>続きを見る

 

『大卒の技術者といっても、一人前になるには12年から15年かかります。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『最大の問題は、人材の不足です。私たちの会社は、わき目も振らず、前を向いて走り続けてきた会社です。やはり、もっと早く人材を育てておくべきでした。

>>続きを見る

 

『私には、会社経営について、ひとつの確信があります。 企業は一時的に順調でも、いつまでも順風満帆で成長していけるものではないということです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

周期的に危機がやってきて、それを克服できれば、よりたくましくなりますが、その波に飲まれると成長が止まってしまう。最悪の場合は倒産してしまうこともあります。その周期の長さは、だいたい25年くらいではないでしょうか。』

>>続きを見る

 

『工場内で部品を取りに行くために歩くのは無駄だ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

いや、部品をつくったり、組み立てたりするだけが仕事ではない。歩くことが仕事であるということもある。

>>続きを見る

 

『学歴がすべてじゃない。経営では「勘ピュータ」がモノを言う。』

 

カテゴリー:仕事/経営

学歴がすべてじゃないということは、高学歴の人間がカルト教団の一味になって、テロ行為を働いたこと一つ考えただけで、想像にた易いはずである。

>>続きを見る

 

『グローバル化のなかでは、明るい性格のヤツが求められる。』

 

カテゴリー:自己/精神

明るい笑顔や笑い声は、まるで『潤滑油』だ。言語や文化、価値観の違いといった壁は思っている以上に大きい。

>>続きを見る

 

『僕は、戦前、戦中、戦後、そして再建という、日本の縮図を経験してきた。その中で何を考えたかというと、「こんちきしょう」とか「やる気を出そう」とか、そういうことに尽きるわけです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

戦争がない時代、世界は平和だった。しかし戦争が起き、世界は混沌の闇に堕ちた。家族は離れ離れになり、あるいは戦争の代償となって命を落とした。

>>続きを見る

 

『体が動かなくなったとき、女房や子供たちの世話にはならないように財産は3000万円だけ残してある。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『金は生きているうちに使うものだ。パアーッと使うのが一番だろう。使い道を指示するほど、俺はうるさくはない。

>>続きを見る

 

『自動車メーカーのない国に行けば一位になれる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

鈴木敏文はこう言い、『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』松下幸之助は言った。

>>続きを見る

 

『「死に金は一銭たりとも使わない」というのが私のポリシーです。』

 

カテゴリー:お金/資産

その多くは、大いなる無駄です。わざわざコンベヤーを設置しなくても、ちょっとラインを傾けて自然と重力で動くようにすればいい。電気やガスといったエネルギーにはお金がかかりますが、重力はタダなのです。

>>続きを見る

 

『会計の基本は二つのポケットだ。 パランスシートが読めなくても、商業簿記を勉強しなくても、2つのポケットがあれば用は足りる。』

 

カテゴリー:お金/資産

ある青果店のおじさんは右と左にひとつづつ、2つのポケットがついたエプロンをしていました。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP