『ヒト』を最適化しよう。

美輪明宏『誰かが今、悪い時のまっただ中にいるというのなら、私はこうお伝えしたい。「頭を低くして嵐が通りすぎるのをお待ちなさい」。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『誰かが今、悪い時のまっただ中にいるというのなら、私はこうお伝えしたい。「頭を低くして嵐が通りすぎるのをお待ちなさい」。そうすれば、いたずらに感情的になったり、悩んだり苦しんだり、酒を飲んだりする必要はありません。冷静でいられるはずです。』

 

ガンジーは言った。

 

あるいは、こうも言った。

 

美輪明宏の言葉は、『正負の法則』についての説明なのである。

 

正が来たなら、負がやってくる。負に襲われたなら、正が訪れる。世の中はそうやって帳尻が合う様になっているのだ。だから、通り過ぎるのを待ち、抵抗せずただ打たれる。それが実に理に適った人生の対処法なのである。

 

私の恩師は言った。

 

勝つという『正』があっても、負けるという『負』があっても、決してそれについて奢ったり、あるいは腐ることがあってはならない。美輪明宏の言葉は、こんなところにまで行き届く、叡智溢れる金言なのである。

 

風林火山』の『孫子の兵法』を考えたってそうだ。

 

やみくもに攻めればいいというわけではない。『時期』があるのだ。その『時期』の為には、時には数年という単位で『山』となることが良い場合もある。

 

例えば、中国の名軍師、李牧は、

 

と言って、実に『数年』という時間を『山』に徹して勝機を待った。

 

こういう時間、人生の流れを掴む感覚を養いたい。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』 『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧

美輪明宏の名言・格言一覧