『ヒト』を最適化しよう。

美輪明宏『信用したり期待しなければ裏切られることもないのです。それを頭に入れておくと、意外と対人関係は楽になります。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

一見するとひねくれているように見えるが、それは勘違いだ。それは、マキャベリが冷徹無比に見えるのと同じこと。美輪明宏もマキャベリも、『人間を直視した』に過ぎない。

 

つまり、もし彼(彼女)らにそういう印象を抱いたのなら、それは『鏡を見ている』と思った方が良い。

 

 

一発でわかる話がこれだ。

 

『中国古典』の教え』の『史記』にはこうある。

『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。

 

本は続けてこう言う。

 

『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば、人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

 

それが人間なのだ。『過大評価』をするから、そのギャップに対して失望し、心を痛めるのだ。

 

私もよく、裏切られて心を痛めた。人に対して、『浅い。浅すぎる。』と、憤りを覚えた。しかし、この『史記』の言葉を見た時、肩の荷が下りたのだ。勉強になった。無知、無力を思い知った。だから楽になったのだ。

 

なぜなら、

なんだ、この怒りの原因は、未熟な相手ではなく、未熟な自分だったか。だとしたらコントロール可能だ。

 

と思えるようになったからだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

美輪明宏の名言・格言一覧