『ヒト』を最適化しよう。

ヘレン・ケラー『世界で最も哀れな人とは、目は見えてもビジョンのない人だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

盲目のヘレン・ケラーの立場に立って考えてみなければならない。きっと彼女は、眼が見えなくても、耳が聞こえなくても、心の内に幸せな喜びを感じていた。それが事実だったのだ。しかし、世の中には、自分よりも恵まれた身体に生まれた人が、まるで『生きているか死んでいるかもわからない』ような状態で、その人生を生きながらていることを知ったのだ。

 

そんな時、自分の心に思うことは今回のような言葉だ。生きていて、特に五体満足で生まれたのであれば、命を決して浪費してはならない。五体不満足に生きる人々のことを考えても、命を使い切る使命があるのだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ヘレン・ケラーの名言・格言一覧