『ヒト』を最適化しよう。

三浦綾子『片目をつむるというのは、見て見ないふりじゃなく、つむっている片目では、自分の心の姿も見るといいのね。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

運営者

ふむ…。

考察

見て見ぬフリをするということは、片目をつむるということである。どういうことかというと、自分の目で見ている光景が、目の前にある。確かにその光景が、自分の目に映っている。だが、自分にとって不利になる光景を、人は見て見ぬフリをしている。つまり、『明と暗』とで見ている光景を『差別』している。自分にとって明るい方向と、暗い方向に、境界線を引いている。それはつまり、一つの目が死んでいることを意味する。

 

私の片目も、かつて機能していなかった時期がある。いや、もちろん今でもそれは完全ではないが、フランスの小説家、スタンダールの、

 

この記事に書いた時期、つまり18歳の頃はそれが顕著だった。私は恩師に、

 

お前は醜い。卑怯だ。ずるい。汚い

 

と罵られたが、そのたった前日までは、恩師を含めたすべての存在が、私のことを『優秀だ』として、評価している空気があった。そして私はそれに甘んじていた。だが、恩師はこう言っていたのだ。

 

(お前の片目は、機能してねえなあ。)

 

その後の詳細はスタンダールの記事に書いたが、あの時、恩師がそのメッセージを自分が嫌われる覚悟で私に伝えなければ、今の私はいない、と言い切って間違いないだろう。

 

フランスの哲学者、パスカルは言う。

 

ブッダも、

ブッダ

 

と言っているが、私は『目をつむる』という選択肢を選ぶなら、そのつむった目で、自分の心と真正面から向き合う必要があったのだ。実際には、『見て見ぬフリ』や『心と向き合わない、あるいは斜めから見る』方が、圧倒的に『楽』である。だが、『楽しく』はないだろう。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧

三浦綾子の名言・格言一覧