『ヒト』を最適化しよう。

三浦綾子『人間てね、その時その時で、自分でも思いがけないような人間に、変わってしまうことがあるものですよ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

運営者

ふむ…。

考察

例えば、たった今トップニュースとなっているのはこうだ。

元交際相手の女子高生に復縁を迫るメールを送ったなどとして、西京署は29日、ストーカー規制法違反の疑いで(省略)…を逮捕した。同署によると「気を引いてよりを戻したいと思い、不安にさせてでも話がしたかった」と容疑を認めている。

 

自分が憑りつかれたように豹変してしまう。それは誰にでも一度はある経験のはずである。特に、精神未熟なときはこんなことのオンパレードだ。

 

ゲーテは言った。

 

しかもその『精神未熟時代』はゲーテに言わせれば、若き年齢の時代ということではないのだ。だとしたら、(自分もそんな時期があった)と思った人は、自分を疑った方が良い。誰しもが、いつどこで憑りつかれるかわからない。それが『魔が刺す(差す)』ということなのである。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。だとしたら、見えて来るのは『聖性を優位にし、魔性を劣位にする』ということで、そこにあるのは、魔性と聖性の真剣勝負である。更に言えば、昨今一部の狂信者が世界を騒がせているが、イスラム教における『ジ・ハード(聖戦)』とは、何も人を惨殺することを許可する、という凶悪な概念ではない。

 

『神の為に奮闘する』ことを意味し、つまり、その『神』というものは、しばしば『愛、真理』と『=』であると考えられるわけで、例えば、『人に裏切られ、殺意を覚えた』というとき、そこに現れるのは間違いなく『魔性の疼き』であるわけだが、しかし、それを聖性の力で劣位にさせよう、という『闘い』こそが、この『ジ・ハード(聖戦)』なのである。

 

アインシュタインが言うように、

 

人間はこの『魔性』を根絶させることは出来ない。だが、『劣位』にすることは出来る。その逆で、それが『優位』になったとき、人は三浦綾子の言う通りの実態を晒すことになるだろう。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

三浦綾子の名言・格言一覧