『ヒト』を最適化しよう。

ルース・ゴードン『ひとかどの人間になるには、ながく持ちこたえなければならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

とにかくそう言う偉人が多い。すぐに芽は出ないのだ。

 

経営学の父、ドラッカーはこう言っている。

 

こういうことを考えても、『溜める』、『積み上げる』というイメージが湧くはずだ。そうしなければ、『引っかからない』。例えば、下の図で考えたとき、

 

 

右に行けば行くほど積み上がる。その為には当然『長く持ちこたえなければならない』。偶然とラッキーでいきなり一番右の様な糧を得ることはある。だが、それは『膨張』であり、膨張は『破裂』するのが相場だ。

 

試しに一度、『膨張的』な人を注意深く見てみるといい。一発屋、成金、エセ成功者、見栄と虚栄に支配された拝金者、時間の差異あれど、彼らは皆、同じ末路をたどっている。『膨張』と『成長』は違う。成長しなければならない。その為には、『長い時間をかける』ことは当たり前である。筋肉も貯金も信頼も、その積み上げ期間が長ければ長いほど重厚で、根強いものになるだろう。

 

松下幸之助からその名を継いだ現代の経営の神、稲盛和夫は言っている。

『同じ山があったとき、Aの山はどういう風に出来て、何で出来ているかもわからずいつの間にか出来ていた山で、Bの山は、10年20年30年かけて、少しずつチリを積もらせ、山にしたというとき、人は、Bの山を信頼するのではないだろうか。外部からの信頼だけじゃない。Bの山は、人として、企業として、とても強靭で、逞しく、生きがいがあるのである。』

 

企業

 

まさにこの話が、的のすべてを射ている。『長く持ちこたえた』。『そこ』そのものが、ひどく重要なのだ。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』