『ヒト』を最適化しよう。

ファーブル・リュス『人生は我々に期待どおりのものをくれるが、それは意外なところで、意外な方法で、意外な時に行われる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

セレンディピティ』とは、今や世界的に有名になった文具『ポスト・イット』が誕生したときに起きた現象で、よく説明されることがある。1969年、大手化学会社3Mで働くスペンサー・シルバー氏は、接着剤の開発に没頭していた。だが、試行錯誤の末、ようやく出来た接着剤は、粘着力の弱い、失敗作だった。何かひっかかるものを感じたシルバーは、失敗作を顕微鏡で観察。すると、粘着部分が、美しい球体をしている。この時、シルバーは直感した。

 

これは、何かに使えるかもしれない

 

もう一人の主人公、アート・フライ。教会で賛美歌を歌っていたフライが歌集のページをめくった、その時、しおりが落ちた。そのしおりを、拾おうとしたその瞬間、フライの脳が大きな幸運を引き寄せる。

 

失敗作の接着剤。歌集から落ちたしおり。この2つが、偶然、結び付き生まれた、世界的大ヒット商品、ポスト・イット。その発想は、(落ちない程度に軽くくっつくしおりが欲しい。)そう思った時、生まれたものだった。現在では、再生紙のポスト・イット、強粘着のポスト・イットなど、世界で1千種類もの商品を開発、大きな利益をもたらしている。2人の男の、直感とひらめきが引き寄せたこの現象こそ、『セレンディピティ』なのである。

 

これはつまり、ファーブル・リュスの言うところと同じ現象を指し示している。スペンサー・シルバーの欲しかった研究成果は、『最高の接着剤』というより、『接着剤を活かした最高の製品』だった。だが、それは自身が描いたシナリオ通りの研究では、結果を得られなかった。しかし、自分のシナリオの全くの範囲外で、その欲しかった研究成果を得るヒントを得ることが出来た。

 

ここで間違えてはいけないのは、彼らが期待通りの結果を得ることが出来たのは、彼らが、努力に、努力に、努力を重ねたからだということである。つまり左脳でもって論理的に、考え、考え、考え抜いても答えは出ず、ふと右脳的にリフレッシュしていたときにアイディアが浮かぶ。人生にはそういう『セレンディピティ』の様な現象があり、自分の思い通りにならないからといって諦める必要もなく、かといって怠慢な人生に逸れる必要もない。

 

セレンディピティ

 

古畑任三郎の横に今泉刑事が居て、彼がときたまミラクルを起こすだろう。だがあれは、決して今泉が天才なのではない。あくまでも、古畑任三郎が理論で詰めて詰めて煮詰まったところに、お気楽な今泉が、全く違う観点からの意見を出し、それを『ヒント』と捉えた古畑が、『よくやった今泉君』と言っているだけなのである。人生のヒントは意外なところにある。そしてそのヒントを活かせるのは、努力している人だけなのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧