『ヒト』を最適化しよう。

ルイ・パスツール『偶然は準備のできていない人を助けない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

経営学の父、ドラッカーはこう言っている。

 

まさに、ルイ・パスツールの言葉とピタリ、同じ的を射ている。『天才の仕組み』に全ては書いたが、例えば、下記の様な図で考えればわかりやすい。

 

 

コインの数が、『積み上げた努力・準備の量と質』だ。

 

ある日、右から二番目ほどの高さにラインが引かれるとする。そのラインより下にあるコインは、排除されるのだ。『達していない』として、『未熟』と評価される。向こうも向こうで事情があるのだ。何らかの命運が懸かっている。そして『ラインの上まで到達していたコイン』だけが着目される。それだけが『Win-Win』になれると考えるからだ。その『ライン』が引かれるのは本当に偶然かもしれないが、そんな偶然のチャンスのときにでも、普段の努力がものを言うのである。

 

毎日毎日走りこんでいる野球選手がいるとしよう。

 

野球選手

 

ある日、チームの優勝を決める大事な試合で、仲間が打った球を偶然にも守備がボールをキャッチし損ねた。塁を走る走者。ボールを追う敵チーム。敵がボールを掴んでホームベースに投げる。しかし、間一髪のところで走者は間に合い、点を決めることができた。『間一髪』だと言っているのだ。もし、彼が普段から走り込みをしていなければ、この偶然をチャンス(勝利)に返ることはできなかっただろう。

 

イチローは言った。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』