『後悔したくない方』はこちら

土方歳三『よいか、人を斬る剣は所詮は度胸である。剣技はつまるところ、面の斬撃と、突き以外にない。習い覚えた区々たる剣技の末梢を忘れることだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

考え方の転換をしなければならない。人を斬るということを、違う観点から見るのだ。今まで培ってきた剣の道の上にあるような、ある種の崇高さがあるそうした考え方を捨てるのだ。そうすると見えて来るだろう。人を斬る剣というのは文字通り、ただ単に人を殺すこと。それ以上でも、以下でもないという事実が。

 

だとしたら現代で言えば、スナイパーライフルで、遠い場所から狙撃し、始末すればいい。爆弾を使ったり、車で轢いたり、ミサイルを撃ち込めばいい。綺麗ごとではないのだ。人を殺すというのは、そういうことなのである。武道や格闘技と、人殺しは別物なのだ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧