『ヒト』を最適化しよう。

大佛次郎『若い人には若い日の花があるのと同時に、老いたる人には老人の日の花があるのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

私が常々部下に言っているのはこうだ。

『お前、今やっているその怠惰は、後で死ぬほどやることになるぞ。何しろ以前、俺の祖母のお見舞いにお前もついて来たわけだが、その入院の理由が、何もないところでつまづいて、足首をひどく捻挫しただったのだ。50歳を超えた人が運動したときに、『頭は20歳ぐらいのつもりなんですけど、身体が50歳だったんですね。』と口を揃えるが、それらを考えても、今にしかできないことがあるのだ。特にその怠惰など、嫌というほどやることになるかもしれないぞ。

 

いや、怠惰したいわけではないのだ。しかし、病院から出られなくなったり、家から出られなくなったり、登山、マラソン、過酷な挑戦にチャレンジすることも、強制的に出来ない状態になってしまうのだ。

 

登山

 

俺はその時の為にたくさんやることを用意してある。あの漫画や、あの映画、あの本だってまだ見ないで取ってある。知性を追うこのWebサイトの構築は、働けなくなっても続けることが出来る。あるいは、その時に、悠々自適に老後を生活していくために、今、努力しなければならないこと、積み上げなければならないものは、何だ。本当に、怠惰か。人生に悔いを残したくなければ、その時、その時にしか出来ないことを全力でやれ。』

 

『若い人には若い日の花があるのと同時に、老いたる人には老人の日の花があるのだ。』

 

大佛次郎のこの言葉は、若い人よりも『老年』に向けて言った言葉であるが、私と部下は今若者故、その逆で受け入れた。『若い人には若い日の花がある』んだから、それを大事にしなければならないと、受け取ったのだ。この言葉は若者に向けての言葉でもあるのである。

 

ヴィクトル・ユーゴーはこう言い、

 

あるいはこうも言った。

 

私は若者として大佛次郎の言葉を受け取ったが、彼らの言葉は老年になってからもう一度勇気を与えてくれるだろう。つまるところ、こういうことなのである。

 

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

大佛次郎の名言・格言一覧