『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『できるはずのことができないからこそ、歯がゆいし、悔しいんです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『僕は常に戦っています。苦しいのは当たり前だし、それもメジャーで野球をやる楽しみのひとつなのかもしれません。一番苦しいと感じるのは、できるのにできないということ。相手にやられて、とてもそんなことはできないと思えるのなら、まだいいんです。それは自分の力のなさですから、もうしょうがない。でも、できるはずのことができないからこそ、歯がゆいし、悔しいんです。』

 

 

ここで考えられるのは、2つ。人間が、『悔しい』と思えるなら、それは自分にまだ『伸びしろがある』ということの証拠だ。だとしたらそれは逆に『チャンス』。その部分を死に物狂いで努力して引き延ばせば、そこに手が届くかもしれない。そう考えると、向上心の高い人間にとっては、ワクワクする話だ。

 

もう一つは、老後の話である。自分を支配して、何でも思い通りにしてきた、という人は、老後になって、とても苦労をするだろう。事実私の祖母がそうだ。私の祖母は、幼い記憶では優しい祖母だったが、大人になって接してみると、正直ただの、『傲慢ババア』に見えるときがある。母曰く、

 

何でもやれてきたから。それが逆に、出来なくなってきて、歯痒いんだと思う。

 

この両面から目を逸らさないようにしたい。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧