『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『自分だけは違う、という発想は危険なんです。慎重になることで、何かを防げることはあるでしょうし。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『いろんな人の話を聞くと、肉体的な節目がやってくるのが30歳か35歳だという人が多い。自分だけは違う、という発想は危険なんです。慎重になることで、何かを防げることはあるでしょうし。ただ、この先に僕が考えなければいけないのは、そういう周りの頑なな目に流されてはいけないということ。この世界、30歳はこう、35歳はこう、40歳はこうなるというものが出来上がってしまっているでしょう。でも、僕はそうではないと思っています。』

 

 

自分を『卑下』しないことなど大前提で、選択肢の中にも入れていない。まず着目したいのは、その部分だ。とにもかくにも、ここが最大のポイントなのである。ネガティブブラックホール&ポジティブビッグバンとは、私が創った言葉だ。ネガティブな人間は、何をやっても悪い方向にしかことを考えない。自分は愚か、その場にいる人間までをも負の渦に巻き込もうとする、単なるナルシストだ。ナルシストは、とにかく自分が可愛い。人がどうとか、そういうことは二の次なのである。

 

一方、ポジティブな人間とは、無から有を生み出す。自分も、周りの人間も、それによって鼓舞され、奮起する。そのうえで、『自分だけは違う、という発想は危険だ。』と、自身に警鐘を鳴らす。『過信』に陥らないように、コントロールしているのだ。セルフマネジメントを徹底している。これがなかなかできない。だが、イチローの真骨頂はそこではない。それを踏まえたうえで、だが、別に蔓延している常識は、非常識な場合がある。という研ぎ澄まされた見識を持っているのだ。

 

(なぜ蔓延しているものが、正しいと言い切れるんですか?)

 

これだ。これが天才、イチローの真髄だ。

 

追記:ちなみに私はこのサイトを本格的に作り始めたのが29歳で、今は35歳だが、イチローの言うように、私は一度も、『もう年だ』とか、『おじさんはね』といったような言い回しを自分にしたことはない。それは、肉体的な老化現象を認めないということではないのだ。精神的な老化からくる『機会損失』を防ぐために、せめて精神面だけは、生きている限り血気盛んにエネルギーを燃やし続けるべきだと覚悟しているからなのである。

 

覚悟

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧