『ヒト』を最適化しよう。

モーツァルト『みなさんが私に認めてくれる才能は、あるお守りのおかげだと思っています。そのお守り、それは勉強です。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

逆に考えた時、つまり勉強を全くしない人がいたとき、人は往々にして、毛嫌いする。それは私がよく知っていることだ。人々は学歴や役職で人を『差別』しているのである。これは意識、無意識関係なく、事実だ。こういうことが当たり前のように蔓延している。例えば、『パレート(80対20)の法則』で考えれば、そういう人の割合は実に『80%』。つまり、学歴や資格、地位や権力、財力等で差別しない人を探そうと思ったら、『20%』という少数派を、目を凝らして探しに行かなければ、滅多に出会うことは出来ない。

 

ハロー効果とは、表層的なステータス、つまりここで言う『権威』に支配され、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のことである。アインシュタインも、

 

と言ったが、しかし人間は実に表層的なステータスだけで人を軽率に判断してしまうものなのである。だが、それについて憂いていても仕方がないのだ。『『中国古典』の教え』の『史記』にもこうある。

『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。(中略)『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば、人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

 

初めから『それが人間なのだ』と理解していれば、むしろ、自分の自己実現に繋がっているその人間達を認めさせるために、研鑽し、建設し、努力を積み上げ、結果を出せばいい。『結果』だけを短絡的に見るのが人間なのだ。だとしたら、『過程』は自分の為に積み上げ、『結果』を他の為に捻出する。この考え方で、自分と自分以外の存在との間にあるギャップを埋められるはずである。

 

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧