『ヒト』を最適化しよう。

本田静六『貧乏はハシカと同じだ。どうせかかるなら早いほうがいい。貧乏な家に生まれたことを喜べ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

貧乏な家に生まれるということは、決して悪いことではない。なぜならそこが、『底』になる。後は這い上がるだけだ。人間には『心のブレーキ』というものがある。何かをするときに頭をよぎるのだ。例えば、道路交通法を違反した過去の苦い経験。それが、

 

(いやダメだ。ここではきちんと一時停止。あるいは、面倒でも駐車場に停めよう。)

 

という心のブレーキとなって、確固たる行動を取ることが出来る。悪気はないのだ。ただ、面倒なだけなのだ。だが、『事故として人を撥ねておいて、悪気が無かったでは済まされない』のである。そういうことを考えた時、この心のブレーキというものは、強い効果を発揮する。

 

ブレーキ

 

言うなればこれは『前始末』だ。『後始末』ではもう遅いのだ。ここまで考えればもうわかるだろう。『貧乏は、前始末』だ。これ以上ない苦い経験を、まだ物心つかないうちに心に叩き込んでおけば、それがまるで『バネにかかる圧力』になり、成長してからグンと跳ね上がることが出来る。バネにかかる圧力。そう考えたら貧乏な時期は、基礎・土台作りの時期であり、大いなる人生の序章だ。

 

基礎

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』 『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』 『後始末では遅い。前始末をせよ。』